jMAXスポーツサポートについて

jMAXスポーツサポートは踵から足裏をテーピング理論に基づいた設計で体のバランスを安定させるサポーターです。

現代社会において足裏や体や骨格、骨盤が歪んでしまっている人は非常に多く、これらの体の歪みが出ているまま歩行をすると体の動きに無理が生じて痛みの原因になります。

そこで弊社は整形外科医との共同開発の結果、昔ながらの整骨院と整形外科にて実際に使われているテーピングの手法を誰でも簡単に巻ける方法としてjMAXスポーツサポートを開発しました。

足の裏から土踏まずのアーチを持ち上げ、足本来の機能を使いやすくします。
さらに、足を左右から締め付ける力により足裏の形状を固定し、再び足裏が歩行中に崩れた形に戻ってしまうことを抑制します。

通常のサポーターと違い、超薄型設計になっているので普段使っている靴の中に無理なく入り、家の中でも外でも使用していただけます。
抗菌防臭加工済みの生地を使用しており長時間着用しても嫌な匂いが発生しづらく、速乾性のあるメッシュ構造なので洗濯後もすぐ乾き機能性に優れます。

jMAXスポーツサポートの使い方

jMAXスポーツサポートはノーマルタイプと足の裏にくる布が太くなったワイドタイプの二種類あります。
赤丸部分を見ていただければわかるように、右が太くなったワイドタイプ、左がノーマルタイプとなっています。
また、青丸部分にあるように、ワイドタイプには赤と白のストライプリボンがベルト部分中心についておらず、ノーマルタイプにはついています。

使用するにはまず、ネーム(jMAXの表記)がある方を上に向けます。
次に左右どちらか片方だけ中央のベルト部分から本体を引き剥がします。

そして、画像にある赤色の空間部分を後ろからかかとにしっかり奥まで入れます。
足裏にくる部分が土踏まずのある場所にくることを確認してください。

そして最初にベルト部分を赤矢印方向に引っ張り本体より下にくるようにします。
そして次に本体部分を足裏から上に持ち上げるように、青矢印の方向に引き上げながら、しっかりと締め付けサポーターの面ファスナーを止めます。
この時、アキレス腱側(jMAX表記のある部分)は緩くても構いません。
足裏から足の甲までの部分がしっかりと締めてあること、サポーターと足の間に隙間がないことを確認します。

締め付けが緩い場合には再度調節します。この時、足を組める方は一度組んでいただくと締めやすいです。
逆に締め付けがきつすぎて痛い方は少し緩めてご使用ください。ただし、緩めすぎてサポーターと足の間に隙間ができてしまうと効果が薄まってしまいますので緩めすぎにご注意ください。

最後に、多少触っただけではサポーターの位置が動いたりずれたりしないかを確認し着用終了となります。

原材料:本体 ポリエステル
    ベルト部分 人工皮革
カラー:ノーマルタイプ ブラック レッド オレンジ
    ワイドタイプ  ブラック レッド ラベンダー
サイズ:Sサイズ  (22.0cm~23.5cm) (サイズ選び目安の靴のサイズ)
    Mサイズ (23.0cm~24.5cm)
    Lサイズ  (25.0cm~26.5cm)
    LLサイズ (26.0cm~27.5cm)
生産国:日本

公式通販ヤフーショッピングのページはこちら

jMAXスポーツサポートの販売ページ

jMAXスポーツサポートワイドの販売ページ